いまでは珍しい社葬・団体葬

葬儀の豆知識

今の現代では、葬儀は家族や親族を中心に執り行うことが増え、社葬や団体葬は珍しくなりました。とはいえ、あなたがいつ、社葬や団体葬に参列するかわかりません。

そこで今回は、社葬や団体葬の流れについてご紹介します。

社葬、団体葬とは

社葬や団体葬とは、会社や各種団体が主催者となり葬儀を行うものです。一般的には企業の経営陣が亡くなった時に行いますが、公務中の事故死などの時にも行われる場合があります。社葬や、団体葬は公的な性質を持っているので入念に打ち合わせをするのがよいでしょう。通常、社葬・団体葬には宗教色は出しませんが、中には宗教色を出す社葬・団体葬もあります。

社葬、団体葬の流れ

社葬や団体葬は、下記のような流れで進行していきます。

事前打ち合わせ

  1. 喪家側との協議
  2. 喪主の確認
  3. 喪家側代表の依頼
  4. 宗教色の確認
  5. 役員会議の開催
  6. 葬儀委員長の決定
  7. 各葬儀委員の決定
  8. 日時の決定
  9. 規模の決定
  10. 葬儀会場の決定
  11. 予算の決定

事前準備

  1. 香典の処理の決定
  2. 葬儀会場の下見
  3. 喪家側への詳細連絡
  4. 宗教色の決定
  5. 担当係の詳細決定
  6. 案内状発送簿の作成
  7. 社葬案内状の発送
  8. 社葬案内広告の出稿
  9. 弔辞の依頼
  10. 参列者座位の決定
  11. 参拝方法・順位の決定
  12. 弔電の整理
  13. 供花類の決定
  14. 会葬礼状の手配
  15. 粗供養品の決定
  16. 必要物品の準備
  17. 服装の確認
  18. 徽章・腕章の手配
  19. 実行前の最終確認

通夜の手順

  1. 社葬通夜の準備
  2. 御遺骨到着
  3. 御遺骨安置
  4. 小休憩
  5. 着席
  6. 僧侶入場
  7. 開式
  8. 読経
  9. 焼香
  10. 関係者休憩
  11. 実行委員焼香
  12. 僧侶退場
  13. 通夜ぶるまい
  14. お開きの挨拶
  15. 御遺骨環行
  16. 散会
  17. 通夜の後始末

葬儀の手順

  1. 葬儀会場の準備
  2. 御遺骨出迎え準備
  3. 遺骨・喪主到着
  4. 御遺骨拝受
  5. 御遺骨安置
  6. 休憩・待機
  7. 関係者・入場着席
  8. 受付開始
  9. 来賓・参列者入場
  10. 一同着席
  11. 葬儀開式のことば
  12. 僧侶入場
  13. 読経(黙祷)
  14. 導師焼香
  15. 弔辞拝受
  16. 弔電奉読
  17. 読経
  18. 葬儀委員長焼香(献花)
  19. 遺族焼香(献花)
  20. 僧侶退場
  21. 葬儀委員長挨拶
  22. 葬儀閉式のことば
  23. 関係者退場
  24. 参列者退場
  25. 小休憩

告別式の手順

  1. 告別式開式のことば
  2. 僧侶入場・読経
  3. 一般会葬者焼香(献花)
  4. 自社関係者焼香(献花)
  5. 遺族代表・挨拶
  6. 社旗降下
  7. 告別式終了のことば
  8. 小休憩
  9. 社員整列
  10. 御遺骨出発
  11. 社葬閉式ののことば
  12. 散会
  13. 実行委員長挨拶
  14. 告別式の後始末

葬儀後

  1. 会葬礼状の発送
  2. 会葬御礼広告の出稿
  3. 宗教者への御礼
  4. 会葬者名簿の整理
  5. 香典・供物の整理
  6. 弔辞の整理
  7. 弔電の整理
  8. 記録物の整理
  9. 文書類の整理
  10. 喪家側への挨拶
  11. 各方面への支払い

その他

  1. 最終確認
  2. 報告書の作成
  3. 香典返し
  4. 法要
  5. 年賀欠礼

以上が、社葬や団体葬の流れとなります。

終わりに

一般葬や家族葬と比べて、社葬や団体葬では行う手順がかなり多くなり、1つ完了させるにも大変な業務となります。まして、社葬や団体葬を行う機会はめったにありませんから、担当となる方もどうしていいのかわからないことが多いでしょう。

そんな時は、私たちのような葬儀のプロフェッショナルへご連絡いただければ、流れやしきたり、注意すべき点などをサポートさせていただくことができます。

お困りのことなどありましたら、ぜひ下記からご連絡ください。

 

新横浜、大船の葬儀は全てかおる葬祭にお任せください。

バリアフリーでどなたでもご参列いただける北新横浜ノースホール、家族葬に特化した落ち着いた時間をゆっくり過ごすことができる大船駅前斎場にて、経験豊富なスタッフが丁寧にサポートいたします。

事前相談/お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧